さぽろぐ

  暮らし・住まい  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


天塩川と中川町 › 2007年03月08日

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2007年03月08日

伝説の山

中川町史をひも解くと市街地から望むことの出来る中川町を代表する山、『ペンケ山』(716.3m)と『パンケ山』(631.8m)について、次のようなアイヌの伝説が書かれています。



昔、天塩川の下流ポンピラにペンケヌプリ・パンケヌプリという二つの山があり、この付近の人達はこの山に洒や木幣をあげ祈願をした。この二つの山はもとはつながっていたが、ある年の大津波のとき、その真中が切れてしまい、天塩川を流れ下って海にただよい、利尻島になってしまったという。

また、一説にはペンケ山とパンケ山は夫婦の山で、その中に利尻富士があったそうですが、夫婦の山がいつもけんかをするのでいたたまれず、利尻富士は逃れていまのところに落ち着いたとも書かれています。

なかなか、おもしろいですね。

では、ここに新たな伝説を追加しましょう。

ペンケ山とパンケ山は夫婦の山で、その中に利尻富士があったが、食べ盛りの利尻富士は噂に聞く昆布のおいしさに家を飛び出し、いまのところに落ち着いた。

・・・というのはどうでしょう。

でも、昆布よりウニ丼の方がいいかな?(笑)



中川町では『天塩川の四季』をテーマにした『天塩川 春・発信 フォトコンテスト』を実施中です。
詳しい情報は、イベントのホームページ http://www.teshiogawa.jp/  をごらん下さい。
  


Posted by サッコタン at 18:01Comments(2)中川町/その他